公明党トップ / ニュース / p267426

ニュース

2022年12月2日

2040年問題検討委を設置

公明党は1日の中央幹事会で党内に山口那津男代表を総合委員長、石井啓一幹事長を委員長とする「2040ビジョン検討委員会」を設置したことについて報告を受けた。

同委員会は、高齢者人口がピークを迎える2040年問題への対策として、教育や医療、介護などの望ましい給付のあり方などを検討する。体制は次の通り。

▽総合委員長 山口那津男

▽副総合委員長 北側一雄

▽委員長 石井啓一

▽委員長代理 高木陽介、古屋範子、西田実仁、大口善徳、山本香苗

▽副委員長 佐藤英道、浮島智子、佐々木さやか、山本博司、谷合正明、伊藤渉

▽事務局長 稲津久

▽事務局長代理 中野洋昌

▽事務局次長 国重徹、鰐淵洋子、矢倉克夫、三浦信祐、宮崎勝、塩田博昭、下野六太、安江伸夫

▽オブザーバー 伊佐進一、秋野公造

▽分科会座長 山本香苗(年金制度、子育て支援)、山本博司(医療制度)、佐藤英道(介護制度)、三浦信祐(障がい者福祉)、浮島智子(教育制度)

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア