公明党トップ / ニュース / p267417

ニュース

2022年12月2日

コラム「北斗七星」

10年前のきょう、中央高速道路笹子トンネル天井板落下事故が起きた。日本の高速道路事故最多、9人の死者を出す惨事だった。衆院選の公示2日前でもあった◆事故原因はさまざま指摘されたが、設備の老朽化に加え、検査や維持管理の不備などの問題も浮き彫りに。当時公明党は、「コンクリートから人へ」を標榜する民主党政権に対し、道路や鉄道、港湾、河川堤防をはじめ社会資本(公共インフラ)の維持管理や補強、更新をなおざりにすべきではないと、命を守る公共投資を進める「防災・減災ニューディール」を掲げ、訴えていた◆衆院選後、政権復帰した公明党から入閣した太田昭宏国土交通相は早速、全国の道路設備を中心に公共インフラの安全総点検と対策を指示。翌2013年を「メンテナンス元年」と銘打ち、防災・減災や老朽化対策、耐震化などを公共事業の中心に据えることへ、大きく政策の舵を切った◆折しも高度成長期に造られた公共インフラが次々に耐久年限とされる50年を経過。国交省は公明党出身の歴代大臣の下、現在まで一貫して公共インフラの安全を確保する政策を推進している◆国民の安全・安心をどう守っていくのか、公明党の闘いは続く。(唄)

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア