公明党公明党

公明党トップ / ニュース / p26592

ニュース

2019年4月11日

親が外国籍の子に進学への支援必要

党教育改革本部で識者

公明党教育改革推進本部(本部長=富田茂之衆院議員)は9日、衆院第1議員会館で会合を開き、弘前大学教職大学院の吉田美穂准教授が、親が外国籍の子など「外国につながる子ども」の教育に関して講演を聞いた。

吉田准教授は、外国につながる子どもについて、言語や経済的理由を背景に高校進学率が著しく低いことから「高卒資格を基礎的なものと見なす日本社会では貧困につながってしまう」と指摘。先進的な自治体の取り組みを踏まえ、行政と民間団体の協働で支援を進める有効性を語った。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア