公明党トップ / ニュース / p263783

ニュース

2022年11月4日

コラム「北斗七星」

自宅の本を整理していたら、積み重ねられた一番下に「勇気の花がひらくとき」(梯久美子・文)を見つけた。子どもに人気があるアンパンマンの原作者・やなせたかし氏の物語だ。手に取るとあっという間に読み終えてしまった◆その中で、やなせ氏が「戦争は、人をころすことだけど、食べものをわけてあげることは、人を生かすことだ。命をおうえんすることだ」を“ほんとうの正義”と考え、アンパンマンに込めたという◆ウクライナでは依然、戦いが続いている。ロシアが侵略を開始して8カ月が過ぎた。一日も早い終結と元の状態に戻ることを願うばかりだ。公明党は先月21日、政府にウクライナへの人道支援の強化に向けて提言を申し入れ、冬の寒さ対策や復興への貢献を訴えた◆きょうは「ユネスコ憲章記念日」である。1946年11月4日に「ユネスコ憲章」が発効され、国際連合教育科学文化機関が発足したことに由来する。憲章の前文にある「戦争は人の心の中で生まれるものであるから、人の心の中に平和のとりでを築かなければならない」の実践が重要になる◆公明党は、世界の平和と安定に積極的な貢献を果たせるよう、今後も取り組んでいく。(越)

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア