公明党トップ / ニュース / p261816

ニュース

2022年10月20日

コラム「北斗七星」

最近、驚いた時に使ってみたい言葉がある。長崎・五島列島の方言「ばえー」だ。NHK連続テレビ小説「舞いあがれ!」で五島の人たちが話した言葉は何とも味わい深い◆驚きを表現する方言といえば前作「ちむどんどん」の沖縄方言「あきさみよー」、2013年放送「あまちゃん」では「じぇじぇじぇ」が印象的だ。同年の流行語大賞に選ばれた「じぇじぇじぇ」は岩手県久慈市の方言だが小袖地区だけの漁師言葉だとか。三陸沿岸では青森県南部から岩手県北部は「じゃじゃじゃ」、岩手県大槌町は「だだだ」、岩手県南部から宮城県は「ばばば」という◆<日本列島に豊かな文化の地域差が存在するとすれば、それをもたらす基盤に言葉の地域差、すなわち方言がある>。『方言を救う、方言で救う』(東北大学方言研究センター ひつじ書房)の考察はうなずける◆地域文化を象徴する方言。東日本大震災の被災地では、住民の避難や集落の移転によって「消滅の危機相当」(文化庁)の地域も少なくない◆復興には住宅や道路の整備に加え人と人の心が通う地域づくりも大切だ。そこに暮らす人たちを結ぶ方言の記録、継承は、古里への誇りを高め、心の復興を後押しする。(川)

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア