公明党トップ / ニュース / p258088

ニュース

2022年9月21日

マイナポイント第2弾

申請期限、年末まで 
カード普及さらに進める 
総務省

総務省は20日、マイナンバーカード取得者にポイントを付与する「マイナポイント第2弾」を巡り、カードの交付申請期限を9月末から年末へ延長すると発表した。ポイントを受けられる対象を拡大することで、カードの普及をさらに進めることをめざす。

政府は2022年度末までにほぼ全ての国民がカードを取得する目標を掲げている。寺田稔総務相は20日の閣議後記者会見で、8100万枚強の運転免許証が交付されていることに触れ、マイナンバーカードについても「年内にこの数字を達成したい」と述べた。

マイナポイント第2弾は、カード取得で最大5000円分、健康保険証としての利用申し込みと公金受取口座登録で各7500円分のポイントを付与。合計で最大2万円分となる。

同ポイント事業を巡っては、デジタル社会の基盤となるカードの普及と消費喚起を目的に、公明党が訴え実現。第2弾の交付申請期限についても、石井啓一幹事長が今月4日のNHK番組で期限を延長する必要性を主張するなど政府に対応を求めていた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア