公明党トップ / ニュース / p258076

ニュース

2022年9月21日

死因究明白書を初策定

実施体制強化へ施策の進捗報告
公衆衛生向上めざす、犯罪死の見逃し防止

災害や犯罪、事故などで死亡した人の死因究明などの推進に向けた政府の取り組みをまとめた「死因究明等推進白書」が初めて策定された。公衆衛生の向上や犯罪死の見逃し防止のため、公明党死因究明等対策プロジェクトチーム(座長=秋野公造参院議員)のリードで2019年に成立した死因究明等推進基本法(議員立法)に基づく法定白書。9日に閣議決定された。

白書は主に、昨年6月決定の死因究明等推進計画の進捗状況として、昨年度中に関係省庁が実施した施策を記載。死因究明で得られた知見が広く生かされるよう、病理学や法医学の分野の人材養成を進める大学への支援や、虐待による死亡が疑われる事例の児童相談所などへの共有などについて報告している。基本法成立や推進計画策定の経緯なども確認できる。

厚生労働省のホームページで閲覧・ダウンロードが可能で、今後、国会に毎年報告を行う年次報告書として策定される。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア