公明党トップ / ニュース / p252669

ニュース

2022年8月13日

大雨「激甚」指定早く

復旧・再建へ政府に要請 
党対策本部

復旧への支援強化を求めた党対策本部=12日 衆院第2議員会館

公明党「令和4年8月3日からの大雨災害対策本部」(本部長=大口善徳衆院議員)は12日、衆院第2議員会館で、政府から、東北や北陸など各被災地の大雨被害や復旧状況について報告を受けるとともに、被害状況の速やかな把握と激甚災害の早期指定など国による支援強化を要請した。

政府は、3日からの大雨の影響により、12日時点で85河川が氾濫、土砂災害が113件発生したことや、寸断された道路や鉄道網など生活インフラの復旧状況などを報告した。

出席議員は、被災現場での調査活動、首長や住民らとの懇談を踏まえ、農地やため池、道路、鉄道など被害が大きい自治体に対し、激甚災害の指定を急ぐよう要請。人手の少ない自治体へのきめ細かい支援や、自治体が管理する河川の復旧へ連携強化も強く促した。

さらに、早期再建に向けて、被害を受けた事業者や農業者に対する支援も要望。災害廃棄物の処理が迅速に進められるよう万全な支援も求めた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア