公明党トップ / ニュース / p252084

ニュース

2022年8月7日

日本が指導力発揮を

核禁条約、オブザーバー参加めざせ
記者会見で山口代表

山口代表は6日午前、広島市で記者会見した。発言は大要、次の通り。

【平和記念式典の意義】

一、特別な意義のある式典になった。核兵器を取り巻く状況が厳しくなっている一方で、核兵器を無くす方向性でさまざまな営みが行われている。

一、核兵器禁止条約の第1回締約国会議が6月に開催された。日本はオブザーバー参加しなかったが、公明党から浜田昌良参院議員(当時)を派遣した。締約国会議がNPT体制と対抗するのではなく、相互補完し協力し合う位置付けとして進むことになった。

一、8月1日からNPT再検討会議が開催され、日本の首相として初めて岸田首相が演説した。「ヒロシマ・アクション・プラン」を発表し、その中で、11月に国際賢人会議を広島で開催すると明言。若い世代に「被爆の実相」を体験してもらうための基金を国連につくることも発表した。

一、来年5月には、広島でG7サミット(先進7カ国首脳会議)が開催される見通しだ。唯一の戦争被爆国である日本がリーダーシップを発揮すべきだ。

【核禁条約と日本】

一、核兵器禁止条約は「核兵器の被害者支援」や「環境修復」のワーキング・グループをつくり、科学的知見を有する人を活用するとうたっている。日本も貢献すべきだ。日本が第2回締約国会議にオブザーバー参加する意思を明確にすることを期待したい。核保有国と非保有国の橋渡しを進める日本の役割の中で、さまざまな観点からの努力を一層すべきだと考えている。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア