公明党トップ / ニュース / p252053

ニュース

2022年8月7日

公明、災害現場へ

大雨被害の復旧急げ 
山形、新潟など

公明党「令和4年8月3日からの大雨災害対策本部」(本部長=大口善徳衆院議員)は6日、山形、新潟、石川各県の被災現場に駆け付け、住民を見舞うとともに、被害状況を調査した。

大巻橋の崩落現場を後藤幸平町長(左端)の案内で視察する大口本部長(左から3人目)ら=6日 山形・飯豊町

公明党の「令和4年8月3日からの大雨災害対策本部」の大口善徳本部長(衆院議員)と若松謙維、横山信一、塩田博昭の各参院議員、庄子賢一衆院議員は6日、記録的大雨で甚大な被害が発生した山形県置賜地方を緊急調査した。地元議員が同行した。

飯豊町では、後藤幸平町長らと、小白川の増水で崩落した大巻橋を視察。後藤町長は「仮橋の設置、JR米坂線の復旧・存続を」と訴えた。川西町、長井市の被災現場を訪れ、原田俊二町長、内谷重治市長から激甚災害の指定へ要望を受けた。

大口本部長は「対策本部の会合で各地の要望を集約し、関係省庁に対策を求めたい」と述べた。

住民から被災状況や要望を聴き取る中川宏昌(右から2人目)、竹内真二(左隣)の両氏ら=6日 新潟・村上市

中川宏昌衆院議員と竹内真二参院議員は同日、大雨で甚大な被害を受けた新潟県村上市と関川村を視察した。県議、市議らが同行した。

村上市では、高橋邦芳市長から被害状況や要望を聴取。その後、土砂崩れや浸水により建物の全半壊が発生した小岩内で住民を見舞った。

自宅が土石流に飲み込まれた松本信蔵さんは「言いようのない悲しさだ」と肩を落とした。松本一男さん、信子さん夫妻は「いまだに断水が続いている。早期復旧を」と切実な声を寄せた。

中川、竹内の両氏は「断水の解消、廃棄物の撤去をはじめ、早期復旧に全力を尽くす」と語った。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア