公明党トップ / ニュース / p250662

ニュース

2022年7月27日

相模原殺傷事件6年 共生社会の実現へ決意

古屋副代表ら やまゆり園で献花

慰霊碑に献花する古屋副代表(前列左から3人目)ら=26日 相模原市

公明党の古屋範子副代表は26日、相模原市にある県立の障がい者施設「津久井やまゆり園」で入所者ら45人が殺傷された事件から6年を迎えたことを受け、同園を訪れ、慰霊碑の前で献花し、犠牲者の冥福を祈った。公明党の佐々木さやか参院議員、地元県議・市議が同席した。

献花を終えた古屋副代表は「全ての人が人として尊重され、誰もが安心して暮らせる共生社会を実現するため、全力を挙げる」と決意を新たにした。

同日、神奈川県などは同園の体育館で犠牲者の追悼式を開き、遺族や同園関係者のほか、黒岩祐治知事や同市の本村賢太郎市長らが参列。黒岩知事らが式辞を述べた後、参列者全員で犠牲者に黙とうをささげた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア