公明党トップ / ニュース / p249473

ニュース

2022年7月19日

ミュージカル、オーケストラなど 子どものチケット代無料

公演事業者に最大4000万円補助 
文化芸術の鑑賞を支援

■公明が提案、今年度も実施

夏のお出かけにうってつけ!――。コロナ禍で激減した子どもたちの文化芸術の鑑賞・体験機会を回復しようと、政府は18歳以下の子どもを対象に、ミュージカルやオーケストラ、バレエ、能楽などの公演チケット代について、3万円までは全額無料になる事業を実施している。公明党が提案し、2021年度からスタートした。

無料で鑑賞できる公演内容とスケジュールは、公演事業者が来年2月末までの期間で設定する。

対象は、一般席の最高額が東京で8000円以上(その他の地域は3000円以上)の公演。文化庁のホームページで公演一覧やチケットの申し込み方法などを確認することができ、情報は随時、更新されている。

同事業は、子ども向けの無料席を一定数確保した公演事業者に対し、最大4000万円まで経費を補助するもので、子どもたちが文化芸術に親しめる拠点づくりの推進が目的。

一方で、子どもたちの文化芸術の鑑賞・体験を巡っては、コロナ禍で大きく減少している。日本児童・青少年演劇劇団協同組合が行った調査によると、コロナを理由に学校での鑑賞会を「中止した」と回答した小学校は、全国1万9490校のうち、20年度が約1万校、21年度が約2000校に上っている。

こうした状況を受け、公明党の浮島智子文部科学部会長(衆院議員)は、20年11月の衆院文科委員会で、18歳以下の子どもが公演を無料で鑑賞できるよう提案。21年度からの事業実施を強く後押しした。

その後も、山口那津男代表や石井啓一幹事長が衆参代表質問で取り上げ、22年度の事業予算を確保するなど文化芸術の活動支援に一貫して力を注いでいる。

公演一覧やチケットの申し込み方法はこちらから

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア