公明党トップ / ニュース / p248283

ニュース

2022年7月11日

激戦突破 相次ぐ

皆さまのご支援に心から感謝 
伊藤(兵庫)、三浦(神奈川)氏 逆転勝利 
比例区、まず5議席獲得 
与党改選過半数

第26回参議院議員選挙は10日、投開票された。公明党は午後11時半前までに、選挙区で兵庫・伊藤孝江氏、神奈川・三浦信祐氏、埼玉・西田実仁氏、福岡・秋野公造氏が逆転勝利を果たした。東京・竹谷とし子氏、大阪・石川博崇氏も当選が確実となり、6選挙区で激戦を突破した。比例区では、まず5議席を獲得した。自民、公明の与党両党で、改選議席の過半数63議席を上回る見通しとなった。献身的なご支援を頂いた党員、支持者ならびに創価学会員の皆さまに心から感謝申し上げます。

当選確実の報が相次ぎ、激戦を突破した候補者名に公明党のロゴマークを付ける山口代表、石井幹事長ら=10日 党本部開票センター

公明党の山口那津男代表、石井啓一幹事長ら党幹部は午後7時半までに、開票センターが設置された東京都新宿区の党本部に入った。午後8時半には同センターで、参院選遊説中に銃撃を受けて亡くなった安倍晋三元首相を悼み、黙とうした。

午後8時に投票が締め切られた直後、まず選挙区5氏の当選確実、比例区で5議席獲得が確実との報が飛び込んだ。

選挙区では、兵庫選挙区(定数3)で伊藤氏が壮絶な接戦を制し、2期目の当選を確実に。非改選の欠員1を補充する補欠選挙が併せて実施された神奈川選挙区(定数4)でも2期目に挑戦した三浦氏が激戦を突破。福岡選挙区(定数3)では秋野氏が劣勢をハネ返した。東京選挙区(定数6)で竹谷氏、大阪選挙区(定数4)で石川氏が混戦を抜け出し、ともに3期目の当選を果たした。

午後10時40分過ぎには、埼玉選挙区(定数4)で西田氏が最終盤の猛追で激戦を制し、4期目の当選を確実にした。

一方、比例区も午後8時過ぎ、横山信一氏が3期目、竹内真二氏が2期目、谷合正明氏が4期目の当選を確実にした。

山口代表は午後10時半ごろ、テレビの中継番組に出演し、「党員、支持者の皆さまの懸命なご支援を頂いた」と心からの謝意を表明。今後の政権運営について「幅広い国民の声を受け止めながら、政権の安定的な運営の下に課題を確実に乗り越えていく取り組みをしたい」と強調した。

見事な大逆転劇で激戦を勝ち抜いた伊藤孝江氏(兵庫選挙区)と喜び合う支持者ら=10日 神戸市

執念と粘りで大逆転勝利し、支持者らと喜びを分かち合う三浦信祐氏(神奈川選挙区)=10日 横浜市

壮絶な大接戦を勝ち抜き、支持者らと喜びを分かち合う西田実仁氏(埼玉選挙区)=10日 さいたま市

定数3の激戦を勝ち抜いた秋野公造氏(福岡選挙区)=10日 福岡市

大混戦の東京選挙区を勝ち抜き、支持者らと喜び合う竹谷とし子氏=10日 東京・新宿区

3期目の当選が確実となり“伝統の1議席”死守を喜び合う石川博崇氏(大阪選挙区)=10日 大阪市

執念の猛攻で大激戦を勝ち抜いた横山信一氏(比例区)=10日 札幌市

2期目の当選を喜び合う竹内真二氏(比例区)と支持者ら=10日 千葉市

4期目の当選を果たした谷合正明氏(比例区)と支持者ら=10日 岡山市

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア