公明党トップ / ニュース / p248116

ニュース

2022年7月9日

言論封殺、断固許さず

安倍元首相 撃たれ死去 
記者団に山口代表

安倍晋三元首相が銃撃され、死去した事件について、公明党の山口那津男代表は8日、東京都新宿区の党本部で記者団に対し大要、次のような見解を述べた。

記者団に見解を述べる山口代表=8日 党本部

一、安倍元首相が亡くなられたことに心からお悔やみを申し上げたい。このような結果になったことに対し、激しい憤りを感じている。このような暴挙を断じて許してはならない。こうした言論封殺をはね返して、民主主義の本来のあるべき姿を示していきたい。安倍元首相と共に長く政権を担ってきた成果を今後も充実させていくために努力していく。

一、民主主義の最も基本的な表れである参院選の最中に言論を封殺するような暴力行為が行われたことに対して断固、厳しく非難する。こうした卑劣な行為が二度と行われないよう万全を期していくことが必要だ。また、こうしたことに屈することなく、堂々と言論による主張を有権者に訴えていく姿勢が大切だ。訴え抜いて有権者に声が届くようにしたい。

一、死去の報道に接し、すぐに岸田文雄首相に電話をして、お悔やみを申し上げた。その上で「共に安全に万全を期し、選挙が民主主義の根幹であることを踏まえ、暴力に屈してはならないという姿勢を国民に示していこう」と確認した。

一、(安倍元首相について)社会保障と税の一体改革に基づく消費税率の2段階引き上げと社会保障の財源確保、軽減税率、幼児教育・保育無償化など後世に残る大きな社会保障の基盤を共に築いた。外交面でも、日本の国際社会における存在感を大きく高めることに寄与した。そうした業績や、やり残したことを引き継ぎ、後世の日本の社会、国民に憂いが残らないようにしていくことが大切だ。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア