公明党トップ / ニュース / p247775

ニュース

2022年7月7日

大攻勢で必ず勝つ

里見(愛知)、西田(埼玉)、あきの(福岡)候補訴え  
山口代表が応援

参院選投票日の10日(日)まで、あと3日。愛知、埼玉、福岡の各選挙区で公明候補は6日、激戦突破へ懸命の遊説を続け、埼玉の街頭演説会には、山口那津男代表が応援に駆け付けた。

【埼玉選挙区=定数4】

西田まこと候補(埼玉選挙区)(右)の逆転勝利へ絶大な支援を訴える山口代表=6日 埼玉・朝霞市

山口代表は、埼玉県内3カ所で行われた西田まこと候補(現、自民党推薦)の街頭演説会に駆け付け、「あと一歩のところまできたが、まだ当選圏内に入れていない。どうか西田候補を勝たせてください」と訴えた。

山口代表は、防災・減災対策に全力を尽くし、多くの実績を築いた西田候補の取り組みに触れ、スーパー堤防や調節池の設置など流域治水が大きく前進したと強調した。

さらに、昨年度から「防災・減災、国土強靱化のための5か年加速化対策」が実施されていることに言及。「予算を確保して防災・減災対策を進める流れをつくることができた。政府・与党で力を合わせて防災・減災対策を確かなものにしてきたのが西田候補だ」と力説した。

西田候補は「皆さんが安心して暮らせる街をつくるため、最後の逆転勝利を必ずつかむ」と力強く訴えた。

【愛知選挙区=定数4】

激戦突破を誓う里見りゅうじ候補(愛知選挙区)=6日 愛知・日進市

他党候補を猛追する里見りゅうじ候補(現、自民党推薦)は、各地で街頭演説し「“働く人のミカタ”として、誰もが生き生きと輝き、活躍できる社会を築く」と決意を述べた。

里見候補は、公明党の推進でガソリンの値上げが抑制され、電気代も負担軽減の方針を政府が示したと強調。また、経済再生、賃金上昇について「自公で2議席を勝ち取り、安定した政権で推し進める」と訴えた。

【福岡選挙区=定数3】

必勝の決意を語る、あきの公造候補(福岡選挙区)=6日 福岡・柳川市

あきの公造候補(現、自民党推薦)は、各地で街頭演説を行い、激戦突破へ絶大な支援を訴えた。

あきの候補は、ピロリ菌除菌や不妊治療への保険適用、新型コロナの重症者向け治療薬確保などを実現に導いたと強調し、「2期12年間、命を守る仕組みづくりに奔走した」と力説。コロナ収束に向けて国産ワクチンや飲み薬の普及をめざすと述べ、「皆さまのお役に立つ仕事をしていく。何としても勝ち抜く」と訴えた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア