公明党公明党

公明党トップ / ニュース / p24754

ニュース

2019年3月20日

JR東戸塚駅 快速列車 停車駅に

混雑緩和、安全対策が不可欠 
党神奈川県本部が石井国交相に要望

石井国交相(左から5人目)にJR東戸塚駅の安全対策を要請する古屋副代表(左隣)ら=19日 国交省

公明党神奈川県本部(代表=上田勇前衆院議員)は19日、国土交通省で石井啓一国交相(公明党)に会い、JR東戸塚駅の混雑緩和と安全対策の推進に関する要望を行った。同県本部顧問の古屋範子党副代表のほか、佐々木さやか(参院選予定候補=神奈川選挙区)、三浦信祐、竹内真二の各参院議員、地元市議らが出席した。  

古屋副代表らは、JR東戸塚駅では朝夕ラッシュ時に駅ホームが非常に混雑し、2015年以降も5件の人身事故が発生していることに言及。ホーム上で列車待ちをする多数の利用者を減らし、安全対策を強化するため、「東戸塚駅を湘南新宿ライン快速列車が停車する駅にしてほしい」と訴えた。また、ホームドアの早期整備も求めた。

石井国交相は、JRに検討を促すなど「しっかり対応していく」と答えた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア