公明党トップ / ニュース / p247503

ニュース

2022年7月5日

大激戦、必ず勝ち抜く

三浦(神奈川)、里見(愛知)、西田(埼玉)、あきの(福岡)候補 
山口代表らと訴え

「最後は必ず勝つ!」――。10日(日)の参院選投票日まで1週間を切る中、大激戦が続く神奈川、愛知、埼玉、福岡の各選挙区では、4日も公明候補が気迫の遊説を展開。街頭演説には山口那津男代表らが駆け付け、逆転勝利へ絶大な支援を訴えた。

三浦のぶひろ候補(神奈川選挙区)(右)の逆転勝利へ支援を訴える石井幹事長=4日 川崎市

【神奈川選挙区=定数4】石井啓一幹事長は、川崎市で開かれた三浦のぶひろ候補(現、自民党推薦)の街頭演説会で三浦候補を押し上げてほしいと訴えた。

石井幹事長は、立憲民主党などが主張する消費税減税に対し「財源を示さず、無責任だ」と指摘。立憲議員の多くが所属していた民主党政権が社会保障制度の安定へ税率引き上げを呼び掛けたとして「立場で言うことが変わる政党は全く信用できない」と強調した。

三浦候補は「希望ある社会を築くため一票を託してほしい」と訴えた。

里見りゅうじ候補(愛知選挙区)(右)への絶大な支援を呼び掛ける斉藤国交相=4日 愛知・高浜市

【愛知選挙区=定数4】斉藤鉄夫国土交通相(公明党)は、里見りゅうじ候補(現、自民党推薦)と共に安城、高浜、碧南3市で街頭演説を行い、里見候補への絶大な支援を呼び掛けた。

この中で斉藤国交相は、物価高対策として野党が掲げる消費税減税を批判。「賃金引き上げが根本的な対策になる。その専門家が里見候補だ」と強調した。

里見候補は「安定した政権で物価高対策、賃金アップに取り組む」と述べ、自公で2議席獲得への決意を訴えた。

西田まこと候補(埼玉選挙区)(左)への絶大な支援を訴える山口代表=4日 さいたま市

【埼玉選挙区=定数4】山口代表は、さいたま市で、西田まこと候補(現、自民党推薦)の街頭演説会に駆け付け、外交・安全保障政策に関して、日本の防衛力強化とともに「緊張を和らげる外交の力が重要だ」と指摘。安全保障政策に精通し、対話による外交の「両方をできるのが西田候補だ。何としても勝たせてほしい」と訴えた。

西田候補は「国民の命と暮らしを守る安全保障体制を築いていく」と力説。また、経済再生へ「大型の景気浮揚策を実現する」と声を振り絞った。

あきの公造候補(福岡選挙区)(右)の激戦突破へ絶大な支援を呼び掛ける自民・小渕氏=4日 福岡市

【福岡選挙区=定数3】自民党の小渕優子組織運動本部長は、福岡市で行われたあきの公造候補(現、自民党推薦)の街頭演説会に駆け付け、絶大な支援を呼び掛けた。

小渕氏は新型コロナワクチンの全国民分確保や無料化について「あきの候補が訴え、実現した。多くの方の命を救った」と力説。不妊治療への保険適用も実現に導いたと強調し、「皆さんの声を伝え、日本の未来を切り開くのはあきの候補だ」と語った。

あきの候補は「命を守る政治を進める。何としても勝ち抜く」と決意を訴えた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア