公明党トップ / ニュース / p245806

ニュース

2022年6月24日

自公で政治の安定確保

菅前首相 三浦候補(神奈川)、西田候補(埼玉)を応援

三浦のぶひろ候補(神奈川選挙区)(右)の混戦突破へ力強く支援を訴える菅前首相=23日 川崎市

菅義偉前首相は23日、激戦区となった参院選神奈川、埼玉両選挙区の公明党候補の応援に駆け付け、絶大な支援を訴えた。

神奈川選挙区では、川崎市で行われた街頭演説に三浦のぶひろ候補(現、自民党推薦)と共に出席し、「国民の命と暮らしを守ることができる政党は自民党と公明党だ。何としても三浦候補を最後まで押し上げてほしい」と強調した。

菅前首相は、防災・減災対策について、省庁の“縦割り”を打破して治水対策を前進させたと述べ、行政に改革すべき点があれば「直していくのが政治の役割だ。そうした改革意欲のある三浦候補に大いに期待したい」と力説した。

三浦候補は「皆さまの声を力にして結果を出してきた。社会を変える先頭に立たせてほしい」と声を振り絞った。

西田まこと候補(埼玉選挙区)(右)の混戦突破へ絶大な支援を呼び掛ける菅前首相=23日 埼玉・川口市

一方、埼玉選挙区で菅前首相は、川口市で開かれた西田まこと候補(現、自民党推薦)の街頭演説に駆け付け、混戦突破に向け「西田候補を何としても勝たせてほしい」と支援を呼び掛けた。

菅前首相は、自公政権の実績として携帯電話料金の引き下げや不妊治療の保険適用を挙げ「公明党が多くの署名を政府に届けてくれた」と強調。西田候補が平和安全法制の整備に尽力したことに触れ、「日米同盟に重要な役割を果たしたのが西田候補だ」と力説した。

西田候補は、物価高対策に関し「自公で安定した政治を確保し、物価上昇に追い付く賃上げを実現する」と訴えた。

神奈川選挙区の街頭演説には、斉藤鉄夫国土交通相(公明党)も出席し、逆転勝利を訴えた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア