公明党トップ / ニュース / p242357

ニュース

2022年6月3日

政治の安定、自公でこそ

埼玉で菅前首相、斉藤国交相応援"
公明が政策実現の力に 
西田氏が決意

参院選埼玉選挙区で必勝を誓う西田氏(右から2人目)への絶大な支援を呼び掛ける菅前首相(左隣)、斉藤国交相(右端)ら=2日 さいたま市

菅義偉前首相と斉藤鉄夫国土交通相(公明党)は2日夜、さいたま市で開かれた西田まこと参院会長(参院選予定候補=埼玉選挙区、自民党推薦)を激励する会に出席し、西田氏への絶大な支援を呼び掛けた。

菅前首相は、自公政権で取り組んだ政策課題として、携帯電話料金の引き下げや不妊治療の保険適用を挙げ「公明党が多くの署名を集め、政府に届けてくれたことが実現の力になった」と力説。その上で「自公で参院選に勝利し、安定した体制を築いて国民の期待に応えたい。そのためにも西田氏を断じて勝たせてほしい」と訴えた。

斉藤国交相は、2050年のカーボンニュートラル(温室効果ガス排出量実質ゼロ)実現に向け「西田氏と共に取り組み、埼玉をさらに発展させる」と強調。

西田氏は、消費税の軽減税率導入や東埼玉道路の事業化を実現したと述べ「これからも政治の力で新たな日本、埼玉の未来を開く」と力を込めた。

会合では、自民党埼玉県連会長の柴山昌彦衆院議員ら多数の来賓が出席し、あいさつした。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア