公明党トップ / ニュース / p241935

ニュース

2022年5月31日

事業再構築補助金 現場へ早く

奨学金 家計急変時の対象を拡大 
参院予算委で三浦氏

質問する三浦氏=30日 参院予算委

参院予算委員会は30日、岸田文雄首相ら全閣僚が出席して2022年度補正予算案に関する総括質疑を行い、公明党の三浦のぶひろ氏が、中小企業の事業転換を支援する「事業再構築補助金」や奨学金制度に関して質問した。

三浦氏は、ウクライナ危機による物価高騰を受け、公明党の主張により事業再構築補助金が拡充され、新たに「原油価格・物価高騰等緊急対策枠」が設けられたことを評価。その上で「事業者にいち早く届けることが重要だ」と訴え、政府の取り組みをただした。萩生田光一経済産業相は、「近日中にも申請要件など詳細を公表すべく準備を急いでいる」と応じた。

また三浦氏は奨学金について、家計急変時に随時申し込みを受け付ける制度があるものの、虐待を理由に父母から避難した場合は対象外となっていると指摘。「修学を断念しない社会をつくるため、(対象拡大の)決断を」と訴えた。末松信介文部科学相は「虐待などを理由に避難した場合については、随時受け付けの対象とするよう制度を改善する」と答えた。

なお、きょう31日の同委員会では、午前9時から三浦氏が残りの質問を行った後、伊藤たかえ氏が登壇する。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア