公明党公明党

公明党トップ / ニュース / p2412

ニュース

2018年5月11日

首相から指示なし

加計問題 参考人質疑
柳瀬氏ら 獣医学部新設への影響否定
衆参予算委で竹内(譲)、秋野氏質問

質問する竹内(譲)氏(左)と秋野氏=10日 衆参両院の予算委

衆参両院の予算委員会は10日、学校法人「加計学園」の愛媛県今治市での獣医学部新設を巡り、安倍晋三首相の秘書官だった柳瀬唯夫経済産業審議官らを参考人招致し、質疑を行った。柳瀬氏は、同学園の獣医学部新設に関する首相からの指示を否定し、「特別扱いしたことはない」と主張。学園関係者と首相官邸で3回面会したことを認める一方、県や市職員との面会については「随行者の中にいたのかもしれない」と述べた。

公明党からは衆院で竹内譲氏、参院で秋野公造氏が質疑に立った。

竹内氏は、県職員が作成した文書に柳瀬氏が2015年4月2日、首相官邸で県と市、学園の3者と面会した際に「本件は首相案件」と発言したとの記述があることの真意をただした。

柳瀬氏は、首相が獣医学部新設を含む国家戦略特区の提案を早急に検討していくと言っていたとの趣旨であり、同学園の個別案件を指したものではないと答弁。首相の意向を忖度し、獣医学部新設を同学園に誘導する狙いがあったのかについても「どの案件にするかは関心の外だった」と述べた。

また竹内氏が、柳瀬氏と学園関係者の面会が同学園の獣医学部新設に与えた影響を聞いたのに対し、参考人で政府の国家戦略特区ワーキンググループの八田達夫座長は、「影響は一切ない」と明言した。

一方、秋野氏は、柳瀬氏と学園関係者の面会について、国家戦略特区の申請手続きや国家公務員としての対応に問題がなかったことを確認。その上で、面会の事実を「説明しなかったことで混乱させた。反省してもらいたい」と指摘した。

柳瀬氏は「国会審議に迷惑を掛けて大変申し訳なかった」と陳謝。説明が遅れたことには「今まで国会で質問に答えてきた。国会で全てを語るのが筋論だと思った」と述べた。

また秋野氏は、参考人で、獣医学部の誘致を進めてきた加戸守行前愛媛県知事に対し、「獣医学部新設で安倍首相や柳瀬氏から何らかのアプローチはあったか」と質問。加戸氏は「一切ない」と断言した。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア