公明党トップ / ニュース / p240682

ニュース

2022年5月23日

国民生活 断じて守る

コロナ、物価高に対応 
参院選予定候補ら各地で訴え 
福岡で山口代表、あきの氏

参院選勝利へ絶大な支援を呼び掛ける山口代表(右)と、あきの氏=22日 福岡市

公明党の山口那津男代表は22日、福岡県内各地で開催されたあきの公造参院議員(参院選予定候補=福岡選挙区、自民党推薦)の励ます会に出席し、「新型コロナと物価高といった課題を乗り越え、日本の政治を前へ進められるのは公明党しかない」と力説した。

山口代表は、福岡選挙区に初挑戦する、あきの氏について「国会でコロナ対策の第一人者として治療薬やワクチンの早期普及を推進し、国産飲み薬の確保へ道筋を付けた人だ」と訴え、絶大な支援を呼び掛けた。

一方、物価高騰に対し山口代表は、公明党の主張が随所に反映された政府の総合緊急対策に言及。自治体が学校給食費や公共料金の負担軽減などに活用できる地方創生臨時交付金の拡充などが盛り込まれたと強調した。

また、参院選前後の期間でのコロナ再拡大など不測の事態に備え、「補正予算を組むよう政府に訴え、今国会で成立できる見込みが立った」と報告。さらにマイナンバーカードを取得し、利用登録などに合わせて最大2万円分のポイントを付与する「マイナポイント事業」第2弾について6月30日から申し込みが始まると説明し、「安心の日本を築くため総力を挙げる」と述べた。

あきの氏は「コロナや物価高などから命と生活を守る仕組みづくりをリードしていく」と決意を語った。

自公で共に政策実現
伊藤(た)氏

あいさつする伊藤(た)氏=22日 兵庫・太子町

自民党の山口壮衆院議員(環境相)の国政報告会が22日、兵庫県太子、佐用両町で開かれた。いずれも公明党の伊藤たかえ参院議員(参院選予定候補=兵庫選挙区、自民党推薦)が来賓として出席し、あいさつした。

伊藤氏は、使用済み太陽光パネルの大量廃棄が2030年代後半から急増するとされる問題について、今年2月の参院予算委員会で取り上げたことを機に、実態調査や処分方法の確立に向けた検討などが進み始めていることを報告。「自公で一緒に、皆さまのために全力で働く」と訴え、さらなる政策実現を誓った。

山口氏は「伊藤さんは仕事力がある。参院選兵庫選挙区は自公で2議席を」と呼び掛けた。

政治の安定で施策推進
石川氏

経済と暮らしを立て直すと訴える石川氏(左)ら=22日 大阪市

公明党大阪府本部は22日、各駅頭などで一斉に青年街頭を実施し、石川ひろたか府代表(参院議員、参院選予定候補=大阪選挙区)が大阪市大正区内でマイクを握った。同府青年局長代理の小山光明市議らも参加した。

石川府代表は「コロナ禍や物価高の影響を受ける経済と暮らしの立て直しが重要」と強調。燃油価格抑制へ補助金の拡充や企業の賃上げを促進する税制・補助金の実現、介護職員・保育士の給与引き上げなど、公明党が推進した対策を紹介し、「今後も安定した政治基盤に立ち、必要な施策を進める」と語った。

また誘致を推進した2025年大阪・関西万博に触れ「万博を大阪、日本の成長の起爆剤にしていく」と力説した。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア