公明党トップ / ニュース / p240468

ニュース

2022年5月21日

愛知・豊田市 取水施設で大規模漏水

農工業への影響少なく

里見氏が視察

明治用水頭首工を視察する里見氏(右端)ら=19日 愛知・豊田市

公明党の里見りゅうじ参院議員(参院選予定候補=愛知選挙区)は19日、愛知県の矢作川から農業・工業用の水を取る施設「明治用水頭首工」(豊田市)の大規模漏水現場を訪れ、復旧への取り組みなどを聞いた。県・市議が同行した。

頭首工は、水をせき止めて水位を上げて水路に水を流す施設。現在は仮設ポンプを設置して用水を確保している。漏水の影響で現在、岡崎市、豊田市、安城市など8市で農業用水への給水が停止。工業用水は19日に給水を再開した。

東海農政局の大坪寛次長は「原因を解明し、早期復旧をめざす」と話した。

視察後、里見氏は「農工業への影響を最低限にしたい。全国の取水施設の総点検を推進したい」と述べた。

全国390カ所、緊急点検実施へ/農水相

金子原二郎農林水産相は20日の閣議後記者会見で、愛知県豊田市の取水施設で大規模な漏水が起きた問題を巡り、全国にある同様の国の施設390カ所で現場確認などの緊急点検を実施する考えを明らかにした。

今回のような問題を未然に防ぐ狙い。国営以外の施設については、都道府県などに点検を依頼する。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア