公明党トップ / ニュース / p240124

ニュース

2022年5月19日

参院選予定候補 勝利へ訴える!

コロナ禍克服し経済再生 
石川ひろたか 現 
大阪選挙区(定数4)

石川ひろたか 現

■国際経験糧に人道支援

外務省時代、戦火の爪痕が残るイラクで学校の再建など人道復興支援に携わり、身をもって平和の尊さを学びました。こうした経験を生かし、ウクライナへの人道支援に全力を挙げています。

大阪府在住のウクライナ人女性から首都キーウに住む娘と孫を避難させたいとの悲痛な訴えが寄せられました。私は2人の状況を逐一、確認し外務省に伝え、隣国ポーランドへ入国できるよう支援を要請。その結果、的確な避難ルートが指示され無事脱出し、政府専用機で日本へ。家族は感動の再会を果たしました。

ロシア・ウラジオストクで足止めされていた日本人留学生18人の分散帰国も後押ししました。

■命と家計断じて守る

コロナ禍から命と家計を守る対策に力を入れてきました。現場の声を政府と自治体に届け、ワクチンの大規模接種会場を増設。時短営業に応じた飲食店への協力金の支給枠を拡大しました。

国内経済の立て直しも重要な課題です。再び元気な大阪、日本を築くため、原油高騰対策などに力を入れる一方、誘致を進めた大阪・関西万博を起爆剤に、飲食・観光業の再建や個人所得のアップをめざします。現在、党万博推進本部事務局長として、成功に向け準備に取り組んでいます。

コロナとの闘いに終止符を打ち、人々が命の大切さに心をとどめ、経済成長の恩恵を享受できる社会を築く決意です。

【略歴】元防衛・内閣府大臣政務官。党安全保障部会長、同大阪府本部代表。参院議員2期。外務省出身。元外務事務官。創価大学卒。48歳。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア