公明党トップ / ニュース / p239990

ニュース

2022年5月18日

参院選予定候補 勝利へ訴える!

一人に寄り添う政治 
竹谷とし子 現 
東京選挙区(定数6)

■ウクライナ人道支援

2期12年間、苦しんでいる一人に寄り添う政治を貫いてきました。

ウクライナ避難民への人道支援で、都議会公明党と連携し都営住宅入居を実現。最大700戸を確保し、5月16日時点で84人が入居しています。

物価高騰から国民生活を守るため、国会で機敏な対応を首相に提案。政府の総合緊急対策に、家計や企業への影響緩和策の実行が決まりました。

■ムダ削減で成果

女性国会議員で唯一の公認会計士。“税金を1円もムダにしない”との思いから「財政の見える化」を進めてきました。

政府が、いざという時の資金繰りに使えるよう積み立てた基金の管理の仕組みを改善。結果、利払い費を年間約700億円減らし、累計約6000億円を削減しました。

また、食品ロス削減を進めるための法律制定にも尽力。フードバンクなどの仕組みを活用し、ウクライナ避難民への食料支援も行われています。

■女性目線で政策実現

党女性局長として女性目線の政策実現を進めます。不妊治療の保険適用の大幅拡大を実現。東京都の高3世代まで医療費無償化も推進しました。

女性が安定した収入を得られる仕事に就けるよう、国に働き掛け、デジタル分野を中心に在宅も含めた公共職業訓練が拡充。女性デジタル人材育成プラン策定も後押し。

経済再生に向け、これからも「人への投資」に総力を挙げていきます。

【略歴】党女性局長、同離島振興対策本部長、同東京都本部副代表。元財務大臣政務官。公認会計士。創価大学卒。参院議員2期。52歳。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア