公明党トップ / ニュース / p239751

ニュース

2022年5月15日

感染症に強い国 築く

山口代表、千葉で竹内(し)氏と訴え

竹内(し)氏(左)と共に参院選の勝利を訴える山口代表=13日 千葉市

公明党の山口那津男代表は13日、千葉市で開かれた党の時局講演会に竹内しんじ参院議員(参院選予定候補=比例区)と共に出席し、新型コロナウイルスの感染拡大とウクライナ危機に触れ「こうした困難を乗り越えることができるのは、公明党と自民党の連立政権しかない」と訴え、絶大な支援を呼び掛けた。

山口代表はコロナ対策に関して、ワクチンや治療薬などを「緊急承認」できる制度の創設を盛り込んだ医薬品医療機器法(薬機法)等改正法が13日に成立したことを報告し「一刻も早く、有効で安全な薬を提供して、コロナ禍を乗り越えていきたい」と力説。「日本のメーカーが開発したワクチンや治療薬で感染症を克服できる感染症に強い国をつくる道を切り開く」と訴えた。

竹内氏は、集中豪雨などの際に河川の状況をスマートフォンで確認できる水位計を全国約9000カ所に設置した実績を報告し、「命を守る防災・減災対策を前に進める」と決意を述べた。

会合には松野博一官房長官らが出席し、あいさつした。

竹内政調会長、京都で熊野氏と

医師としてコロナ対策の拡充を進めた熊野氏(右)の取り組みを強調する竹内政調会長=13日 京都市

公明党の竹内譲政務調査会長は13日、京都市で開かれた党京都府本部主催の政経懇話会に、熊野せいし参院議員(参院選予定候補=比例区)と共に出席し、あいさつした。

竹内政調会長は、物価高騰を踏まえた政府の総合緊急対策で、公明党が推進し拡充された地方創生臨時交付金を紹介。活用例として学校給食などを示し「各自治体できめ細かい支援を進めたい」と話した。

熊野氏は、不妊治療の保険適用や、がん細胞だけを的確に破壊する粒子線治療への保険適用拡大の実現を報告。その上で、ポストコロナを見据え「感染症に強い国づくりを進める」と訴えた。

会合には来賓として、西脇隆俊・京都府知事、門川大作・京都市長らが出席し、あいさつした。

くぼた氏は宮崎で

参院選勝利へ決意を訴える、くぼた氏=13日 宮崎市

公明党のくぼた てつや団体局次長(参院選予定候補=比例区)は13日、宮崎市内で開かれた党宮崎県本部(代表=重松幸次郎県議)主催の公明党フォーラムに出席し、参院選での支援を訴えた。下野六太参院議員らが出席。政治評論家の森田実氏が自公連立政権の意義について講演した。

くぼた氏は、地域間格差の解消へ「地方の声なき声を国に届けていく」と強調し、「医療や介護、教育など基本的サービスの負担軽減に向け、党内議論の先頭に立っていく」と決意を披歴した。

下野氏は、コロナ禍における公明党の実績を力説。森田氏は、混迷する国際情勢に触れ、「国難を乗り越えるには自公連立の安定した政治が大事」と訴えた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア