公明党トップ / ニュース / p239748

ニュース

2022年5月15日

日本語学習で支援を

ウクライナ避難民と懇談 
愛知・大府市で里見氏

ウクライナから避難したアナスタシヤさん(左から3人目)らと懇談する里見氏(右隣)ら=13日 愛知・大府市

公明党の里見りゅうじ参院議員(参院選予定候補=愛知選挙区)は13日、愛知県大府市を訪れ、ウクライナから同市に避難しているボイコ・アナスタシヤさんらと懇談した。柴崎智子、国本礼子両市議が同席した。

アナスタシヤさんは、市内に住む姉を頼って、母、子ども2人と共に避難。日本での生活について「多くの人の支えで少しずつ慣れてきた」と語った。また、名古屋市にある日本語学校へ通っていることから、交通費への支援を要望。里見氏は「心穏やかに生活できるように、足りない部分は国と地方自治体で対応していきたい」と話した。

懇談には、岡村秀人市長が同席。岡村市長は3月31日、避難民を公営住宅で受け入れる際の手続き簡素化について国本市議を通じて里見氏に要望。即座に実現したことに対し「素早く対応してくれてありがたい」と謝意を述べた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア