公明党トップ / ニュース / p239712

ニュース

2022年5月16日

復帰50年、平和な沖縄誓う

首相「基地負担軽減に全力」
2会場で式典、山口代表ら出席

沖縄は15日、1972年に日本本土に復帰してから50年を迎えた。東京と沖縄の2会場で同時に記念式典が開かれ、岸田文雄首相は米軍基地の負担軽減を強調した。

式典は政府と沖縄県が共催し、午後2時から東京都港区のホテルと、宜野湾市の沖縄コンベンションセンターの2会場をオンラインでつないで実施。沖縄会場には首相や玉城デニー知事らが、東京会場には衆参両院議長や最高裁長官、駐日米国大使らが出席した。天皇、皇后両陛下は皇居・御所からオンラインで出席された。公明党からは山口那津男代表、石井啓一幹事長らが東京会場で出席。沖縄会場には金城泰邦衆院議員、金城勉県代表(県議)らが出席した。

首相は式辞で「復帰から50年がたつ今もなお、沖縄には大きな基地負担を担っていただいていることを重く受け止め、基地負担軽減に全力で取り組む」と強調した。

玉城知事は「政府は、すべての県民が真に幸福を実感できる平和で豊かな沖縄の実現に向けて誠心誠意取り組んでほしい」と訴えた。

天皇陛下は「これまでの人々の思いと努力が確実に受け継がれ、豊かな未来が沖縄に築かれることを心から願っています」と述べた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア