公明党トップ / ニュース / p239693

ニュース

2022年5月16日

参院選予定候補 勝利へ訴える!

命を救い、暮らしを守る! 
あきの公造 現 
福岡選挙区(定数3)=自民推薦

あきの公造 現

■飲み薬の確保へ全力

新型コロナ対策で今、全力を傾けているのが国産飲み薬の確保です。在宅治療で活用できる有効な飲み薬が普及できれば、克服し切れていない課題である病床ひっ迫を軽減でき、社会経済活動の正常化へつなげられるためです。

私は昨年9月以降、国産品の実用化支援や国費買い上げなど、飲み薬の迅速な確保に向けて政府に粘り強く提案してきました。その結果、今年3月、政府は塩野義製薬が開発する国産品が薬事承認された際、100万人分を購入することで同社と合意に至りました。

私が2020年3月、国会で提案した抗ウイルス薬「レムデシビル」は、今なお重症患者らの命を守る治療薬として効果を発揮しています。コロナに打ち勝つ福岡、日本を必ず築いてまいります。

■物価高騰への対策実現

先月、大規模火災が発生した北九州市の旦過市場へいち早く急行し、すぐに被災者の窮状や早期支援を国会質疑で政府に訴えました。また、昨年から続く物価高騰にウクライナ情勢が拍車を掛ける中、福岡各地で寄せられた事業者の声を政府の総合緊急対策に反映することができました。支援強化へ取り組む決意です。

今、求められているのは、現場のニーズを吸い上げる力と、迅速かつ的確に政策を前へ進める政治です。2期12年間の感謝を胸に、国民の命と暮らしを守る道を切り開いてまいります。

【略歴】党新型コロナ対策本部副本部長、同九州方面本部長代行。長崎大学大学院博士課程修了。医学博士。参院議員2期。54歳。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア