公明党トップ / ニュース / p239446

ニュース

2022年5月13日

参院選予定候補 勝利へ訴える!

愛知から日本の未来開く 
里見りゅうじ 現 
愛知選挙区(定数4)=自民推薦

里見りゅうじ 現

■働く人の健康を守る

厚生労働省に24年半勤務した経験を生かして60を超える施策の実現に携わりました。初めに取り組んだのが働く人の健康を守る制度の創設です。長時間労働、過労死を防ぐため、終業から翌日の始業までに一定の休息時間を設ける「勤務間インターバル制度」を企業の努力義務とするよう主張し、実現しました。

5人の子どもを育てた経験から、子育て支援も推進。妻の産後8週間以内に最大4週間の休みが取得できる男性版産休の創設、不妊治療の保険適用を実らせました。

■ウクライナ避難民支援

ロシアのウクライナ侵略で多くの避難民が発生し、日本にも来ています。自治体が避難民を公営住宅で受け入れる場合、国から目的外使用としての承認を事前に得ることが必要です。この手続きについて、愛知県大府市長から公明市議を通じて「手続きが煩雑だ」との声をいただきました。私は、すぐに国土交通省と法務省に連絡。その結果、事後報告でもいいことになりました。国に提出する書類は事前申請では数枚必要ですが、事後報告の場合、1枚で済みます。愛知県内でも事後報告を行っている自治体があります。

■難局乗り越えるため

コロナ禍とウクライナ情勢の影響で日本経済は大打撃を受けています。難局を乗り越えるため、徹底して一人の声に耳を傾け、愛知から日本の未来を開きます。

【略歴】党労働局長、同愛知県本部代表代行、同中部方面副幹事長。東京大学卒。厚生労働省出身。参院議員1期。54歳。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア