公明党トップ / ニュース / p239440

ニュース

2022年5月13日

現場の声届け対策強化

あきの氏 医療団体会合で訴え 
福岡市

新型コロナ対策に関する実績を報告する、あきの氏

公明党のあきの公造参院議員(参院選予定候補=福岡選挙区)はこのほど、福岡市で開かれた福岡県私設病院協会(江頭啓介会長)主催の会合に出席し、新型コロナ対策などについて講演した。共催した県慢性期医療協会や県医療法人協会などのメンバーも参加した。

あきの氏は、新型コロナワクチンや治療薬の早期確保、胃がん予防のためのピロリ菌除菌に対する保険適用など、患者の重症化を防ぎ、命を守る医療提供体制の構築に尽力してきたことを報告。「いずれも専門家の知見や声を政府に届け、実現することができた」と強調した。

さらに、新型コロナの国産飲み薬の普及や後遺症対策の強化に取り組む考えを示し、「今後も医療現場の声を基に対策を前に進めていきたい」と力説した。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア