公明党公明党

公明党トップ / ニュース / p23612

ニュース

2019年3月6日

強制不妊救済に全力

今国会で法案成立めざす 
古屋副代表が強調

フォーラムであいさつする古屋副代表=5日 参院議員会館

公明党の古屋範子副代表は5日、参院議員会館で、障がい者団体などでつくる「日本障害フォーラム(JDF)」と全国優生保護法被害弁護団が共催して開いたフォーラムに出席し、旧優生保護法(1948~96年)の下で不妊手術を強制された被害者への救済法案について、「手術を受けた人が高齢になっている。全党の合意を得て、今国会で成立させる」と訴えた。

古屋副代表は、昨年1月に強制不妊の問題がクローズアップされた後、「わが党がいち早く(被害者を)救済すべきだと提起した」と強調。また、自民、公明の与党両党のワーキングチームと与野党の超党派議員連盟が現在、救済法案の策定に向けて取り組んでいることを語った。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア