公明党トップ / ニュース / p235526

ニュース

2022年4月13日

足病治療の質を向上

福岡で病院長と意見交換 
あきの氏

足の傷の治療法について聞く、あきの氏(中)=11日 福岡市

公明党の、あきの公造参院議員(参院選予定候補=福岡選挙区)は11日、福岡市中央区の「六本松 足と心臓血管クリニック」を訪れ、竹内一馬院長と意見交換した。

糖尿病や人工透析の患者らが発症しやすい「足病」対策として、今年度の診療報酬改定で足の傷の治療や指導・管理を評価する加算が、公明党の推進で新たに加えられている。

竹内院長は、「足の症状を診る医療機関が増えていく契機になる」と評価する一方で、足の症状を診断する医師が少ないことから、専門医育成の必要性を指摘。あきの氏は「さらなる足病治療の質の向上に全力で取り組む」と語った。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア