公明党トップ / ニュース / p235086

ニュース

2022年4月9日

参院選選挙区インフォ(福岡県)

政治でなければ救えない命がある
党予定候補(自民推薦) あきの公造さん

福岡はヒト・モノ・経済・文化の“交流拠点”として栄える街。世界に誇る観光資源や食文化などの魅力にあふれています。暮らしの安心や経済発展につながる施策を先駆けて進め、さらに活気ある九州、日本を築きます。

(地域の話題)

■遊べて泊まれる国営公園に

国営「海の中道海浜公園」(福岡市)に3月、球体テントの宿泊施設や巨大アスレチックタワーが誕生し、注目されている。

■新たな商業施設、科学館開業

北九州市ではテーマパーク・スペースワールド跡地に今月28日、九州最大級のアウトレットモールや科学館が開業する。

(あきのさんはこんな人)

■コロナ対策のエキスパート

医師、元検疫官の経験を生かし、新型コロナのワクチンや治療薬の確保に道を開いた感染症対策の専門家。国産飲み薬の実用化を推進し、早期普及に力を尽くす。

■胃がんから多くの国民救う

ピロリ菌が胃がんの要因であると政府に認めさせ、ピロリ菌の除菌治療への保険適用を拡大。「胃がんから約3万7000人が救われた」と専門家が高く評価。

■不妊治療支援、強力にリード

人工授精や体外受精といった不妊治療の基本理念や、第三者から精子・卵子の提供を受けて生まれた子の親子関係を定める法律の制定を主導。政策実現力は群を抜く。

(県内の公明実績)

▼新型コロナの後遺症に関する県の電話相談窓口を開設。症状に応じた医療機関を紹介

▼性の多様性を尊重し合う社会へ、性的少数者カップルを公的に認める県の「パートナーシップ宣誓制度」を実施

▼急な病気やけがをした際、適切な対処方法について電話で相談できる「#7119」を九州で初めて導入。年中無休・24時間対応で住民の不安を軽減

【略歴】党新型コロナ対策本部副本部長。長崎大学大学院修了。医学博士。参院議員2期。剣道四段。趣味はサイクリング。妻と一男二女の5人家族。54歳。

 

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア