公明党トップ / ニュース / p233669

ニュース

2022年3月29日

子育て政策 公明が推進

里見、上田氏 中小企業支援 全力で 
愛知で竹内政調会長が強調

「飛躍の集い」で決意を訴える里見(左)、竹内(中)、上田の各氏=28日 名古屋市

公明党の竹内譲政務調査会長は28日、名古屋市で開かれた党愛知県本部のセミナー「飛躍の集い」で、あいさつした。里見りゅうじ参院議員(参院選予定候補=愛知選挙区)、上田いさむ政調会長代理(同=比例区)らが出席した。

竹内政調会長は、ウクライナ情勢の影響で原油をはじめ物価が上昇していることを述べ、再生可能エネルギーへの転換などを後押しする必要性を指摘。また、子育て支援策として、公明党の推進で幼児教育の無償化、18歳以下への10万円相当の給付などが実現したことを力説し「人を大事にする社会をつくる」と訴えた。

里見氏は、コロナ禍で売り上げが減少した中小企業に支給する一時支援金の対象拡大などに取り組んできたことを説明し「光の当たらないところに光を当てる」と決意を述べた。上田氏は「国民の期待に応える仕事をする」と語った。来賓として大村秀章知事らがあいさつした。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア