公明党トップ / ニュース / p233508

ニュース

2022年3月28日

「平和の党」の存在感示す

コロナ禍、物価高騰の難局打開 
札幌、福岡で山口代表

参院選勝利へ支援を呼び掛ける山口代表=27日 札幌市

公明党の山口那津男代表は27日午前、札幌市の会場と北海道内各所をオンラインで結んだ党の時局講演会に出席し、夏の参院選に関して「日本と世界の将来を決定づける重要な選挙。国難ともいうべき難局を乗り越え、道を開いていけるのは公明党のいる政権しかない」と力説した。

山口代表は、新型コロナウイルスへの対応について、公明党がワクチン接種の加速と治療薬の活用を一貫してリードしてきた経緯を説明。「公明党のネットワークの力を存分に生かして3回目接種をさらに加速させるとともに、国産ワクチンや治療薬の開発を後押しし、コロナ禍克服に全力を挙げていく」と強調した。

一方、山口代表は、ロシアによるウクライナ侵略によって避難民が急増している現状を踏まえ、岸田文雄首相に対して追加の人道支援を求めた結果、首相が24日の先進7カ国(G7)首脳会合で1億ドルの追加支援を表明したことを紹介。「暴挙を許さない世界的な取り組みや、対話による平和の確保が重要だ。平和の党・公明党が連立政権の中で存在感を示さなければならない」と述べた。

また、国際情勢の影響による物価高騰に備え、政府に対し追加経済対策に関する申し入れを行う考えを示した。

山口代表は同日夜、福岡市で開催された時局講演会にも、あきの公造参院議員(参院選予定候補=福岡選挙区)らと共に出席し、参院選勝利へ決意を訴えた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア