公明党トップ / ニュース / p232800

ニュース

2022年3月22日

新型コロナ そこが知りたい!

イベントの人数制限 
安全計画策定で満員可

新型コロナウイルス対策として18都道府県に適用されていた「まん延防止等重点措置」が、21日の期限をもって全面解除されました。イベントの制限はどうなるのでしょうか。

政府の基本的対処方針によると、会場の収容率は、大声を出す場合は定員の50%、大声を出さない場合は100%です。その上で大規模イベントは、大声を出さないことを前提に「感染防止安全計画」を策定し、都道府県に提出して確認を受ければ、満員での開催が可能となります。

ただし、地域の実情に応じて、都道府県知事の判断で人数上限に制限が設けられる場合もあります。

イベントの開催に当たって都道府県は、イベントの前後で生じる感染拡大リスクを抑えるため、基本的な感染対策の徹底や直行直帰の呼び掛けなどを行うこととしています。

今後の「まん延防止」適用時、対策を前提に上限設けず

今後、再び重点措置が適用された場合でも「感染防止安全計画」を策定すれば、満員まで収容できます。これまで設定されていた2万人の上限は撤廃されます。11日に開かれた政府コロナ対策分科会の資料では、イベント自体ではクラスターがほとんど発生していないことから「上限人数を制限する必要性は少なくなっている」としています。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア