公明党トップ / ニュース / p232750

ニュース

2022年3月20日

若者の声を政治に反映

街頭政策アンケート実施 
さいたま市で西田氏

青年局の若者と共に政策アンケートを実施する西田氏(右から3人目)ら=19日 さいたま市

公明党埼玉県本部の西田まこと代表(参院会長、参院選予定候補=埼玉選挙区)は19日、さいたま市のJR大宮駅前で、党県青年局(局長=安藤友貴県議)の若者と共に街頭政策アンケートを実施した。

アンケートでは、①生活をもっと豊かに②地域をもっとデジタルに③埼玉をもっと魅力的に――の3分野で、それぞれ最も実現してほしい政策を選択。①は奨学金返済支援と子育て・教育支援の拡充、②は無料Wi―Fiスポットの拡充と品質向上、③はジェンダー平等で働き学べる街作りなどが掲げられている。

西田氏の「皆さまの声を聴かせてください」との訴えに対し、若者を中心とする多くの人が足を止めて回答。一番人気だったのは「奨学金返済支援と子育て・教育支援の拡充」だった。

終了後、西田氏は「寄せられた声をしっかりと政治に反映させる」と述べた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア