公明党トップ / ニュース / p231885

ニュース

2022年3月16日

東京五輪の基準、全国に

バリアフリー施策推進で要請 
斉藤国交相に団体

バリアフリー施策の推進について要望を受ける斉藤国交相(中央)=15日 国交省

斉藤鉄夫国土交通相(公明党)は15日、国交省でDPI(障害者インターナショナル)日本会議の佐藤聡事務局長らから、バリアフリー施策の推進について要望を受けた。

この中で佐藤氏らは、東京五輪・パラリンピックの会場などに導入されたバリアフリー基準について、全国の施設整備にも生かされるよう「バリアフリー法の義務基準に反映してもらいたい」と要請。これに対し斉藤国交相は、自治体の条例による義務付けを促すとともに、国の義務基準化についても検討する考えを示した。

要望には、公明党の赤羽一嘉幹事長代行、山本博司、石川ひろたか、三浦のぶひろ、伊藤たかえの各参院議員が同席した。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア