公明党トップ / ニュース / p231388

ニュース

2022年3月12日

“事前の備え”呼び掛け

三浦氏、神奈川の街頭演説で

防災・減災対策の重要性を訴える三浦氏(中央)=11日 川崎市

公明党神奈川県本部(代表=三浦のぶひろ参院議員、参院選予定候補=神奈川選挙区)の「防災・減災対策プロジェクトチーム」は11日、川崎市のJR川崎駅前で街頭演説会を開いた。三浦県代表、同プロジェクトチームの佐々木正行座長(県議)らが参加した。

三浦氏は、東日本大震災から11年を迎えたこの日、犠牲者に哀悼の意を表するとともに、「3.11」の教訓を受け継ぎ、防災・減災対策に全力を挙げる決意を表明。「自身と身近な人の命を守るため、事前の備えをいま一度確認してほしい」と呼び掛けた。

また、同県本部が災害用伝言ダイヤルなどを記載して作成した「災害時あんしんカード」を通行人に手渡した。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア