公明党トップ / ニュース / p230891

ニュース

2022年3月8日

担い手の確保支援を

西田氏、燃料価格高騰など課題聴く
埼玉で「農村タウンミーティング」

担い手確保などの課題を巡り農家らと意見交換する西田氏(奥左から2人目)=7日 埼玉・深谷市

公明党埼玉県本部は7日、深谷市で「農村タウンミーティング」を開き、西田まこと県代表(参院会長、参院選予定候補=埼玉選挙区)が、農業の担い手確保などの課題を巡って農家らと意見交換した。

出席者からは、若い世代の就農を後押しするため、先端技術を活用した「スマート農業」の積極的な導入に補助金を出すなど「後継者の確保に向けた支援をお願いしたい」といった要望が上がった。一方で、トラクターなどに使う燃料の価格高騰を心配する声も相次いだ。

西田氏は、燃料油価格を抑制する政府の激変緩和策などを説明。担い手の確保に向けては「農業に携わる人への投資が重要だ。きめ細かな支援を考えていきたい」と述べた。

この後、西田氏は、スマート農業を導入している髙荷政行さんのイチゴ農園を視察した。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア