公明党トップ / ニュース / p230346

ニュース

2022年3月3日

避難者の入国 柔軟に

ビザ発給で政府に要望 
党合同会議

ウクライナ情勢を巡る各国の対応状況などを聞いた党合同会議=2日 衆院第2議員会館

公明党外交安全保障調査会(会長=佐藤茂樹衆院議員)と外交部会(部会長=三浦のぶひろ参院議員)は2日、衆院第2議員会館で合同会議を開き、政府から緊張が高まるウクライナ情勢を巡る政府の対応状況を聞いた。

政府側は、ロシアによるウクライナ侵攻が激しさを増している状況と、それに対する各国の動向を説明。出席議員からは「ウクライナから第三国を経由して日本への入国を希望する避難者に対して査証(ビザ)発給を柔軟にしてもらいたい」などの要望が出た。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア