公明党トップ / ニュース / p229236

ニュース

2022年2月22日

埼玉の幹線道路を整備

県北部、秩父の渋滞緩和で要望
斉藤国交相に知事、西田氏

幹線道路整備の要望を受ける斉藤国交相=21日 国交省

斉藤鉄夫国土交通相(公明党)は21日、オンラインで埼玉県の大野元裕知事から、県北部、秩父両地域の幹線道路網整備に関する要望を受けた。公明党の西田まこと県本部代表(参院会長、参院選予定候補=埼玉選挙区)が同席した。

大野知事は県北部地域を通る国道17号について、「著しい交通渋滞が発生し、追突事故が多く発生している」と指摘。渋滞緩和に向け、並行する本庄道路の建設事業を推進するとともに、未事業化区間である国道462号から深谷市までの早期事業化を求めた。また、秩父地域の交通渋滞緩和では、国道140号長尾根バイパスの速やかな事業化を要望した。

斉藤国交相は、「検討を進める」と述べた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア