公明党トップ / ニュース / p228948

ニュース

2022年2月19日

自動運転支える道路へ

伊藤たかえ氏ら 団体から要望受ける

田村協会長から要望書を受け取る伊藤たかえ氏ら=18日 神戸市田村協会長(中央左)から要望書を受け取る伊藤たかえ氏(同右)ら=18日 神戸市

公明党の伊藤たかえ参院議員(参院選予定候補=兵庫選挙区)は18日、神戸市の党兵庫県本部で、一般社団法人兵庫県道路標識標示業協会(田村宏樹協会長)から政策要望を受けた。松田一成県議が同席した。

席上、田村協会長らは、自動運転の実用化に向けた実証実験などの取り組みが広がる中、「先端技術に対応した区画線など道路環境の整備が重要」と指摘。

その一方、道路標示や標識などの維持管理・更新に対する予算は「年々削られている」とし、区画線など自動運転の普及促進へ必要な設備の管理基準の策定と、それに基づく国や県の予算措置の拡充を訴えた。

伊藤氏は「自動運転はもとより、暮らしの安全・安心を支えるために道路インフラは不可欠だ。国と地方で連携して、しっかりと後押ししたい」と述べた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア