公明党公明党

公明党トップ / ニュース / p22817

ニュース

2019年2月22日

公明党が推進のマーク

障がいのある人や妊婦などが安心して外出できるよう、理解や配慮を求めるマークが広がっています。公明党が普及を推進したマークを紹介します。(イラスト・平塚徳明)

障がいのある人に優しい社会を――。義肢の装着者やペースメーカーなどをつけている内部障がいの人らは、外見からは分からないものです。そうした人が周囲に配慮を必要としていることを伝える「ヘルプマーク」を2012年に東京都が作成しました。公明党の地方議員が、各地で導入・普及をリードした結果、ヘルプマークは、東京以外の北海道や静岡、京都など33道府県(18年11月末現在)に広がっています。

このほか、耳が不自由な人のための「耳マーク」や、盲導犬などへ理解を促す「ほじょ犬マーク」、内部障がい者であることを示す「ハート・プラスマーク」の普及も公明党は後押ししています。

妊婦や育児、介護で理解を求めるマークもあります。

「マタニティマーク」は、妊娠初期の女性から「満員電車で押されて不安」との訴えを受け止めた公明党の提案で06年、全国の統一デザインとして作成されたものです。「ベビーカーマーク」も、「ベビーカーを気兼ねなく使いたい」という母親たちの声を踏まえ、公明党が政府に働き掛け、14年に全国統一のデザインとして誕生し普及しています。

介護中であることを周囲に理解してもらう「介護マーク」は、静岡県が11年に考案しました。公明党の地方議員の取り組みで、他の自治体でも導入が進んでいます。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア