公明党公明党

公明党トップ / ニュース / p22811

ニュース

2019年2月22日

食品ロスの削減推進を

プロジェクトチームの竹谷、かわの氏ら 官房長官に提出し要望 
党九州方面本部が62万人の署名

菅官房長官(中央右)に党九州方面本部が集めた署名簿を提出する竹谷(左隣)、かわの(右隣)の両氏ら=21日 国会内

公明党食品ロス削減推進プロジェクトチーム(PT)の竹谷とし子座長(参院議員)は21日午後、国会内で菅義偉官房長官に対し、党九州方面本部(木庭健太郎本部長)が集めた、食品ロス削減の推進を求める62万3993人分の署名簿を提出し、国全体として削減目標を設定することなどを申し入れた。菅官房長官は、「しっかり取り組みたい」と応じた。PTの、かわの義博事務局長(参院議員、参院選予定候補=比例区)らが出席した。

党九州方面本部は、昨年11月から12月中旬までの1カ月半の間、署名運動を実施していた。

申し入れでは、食品ロス削減について、国内でひとり親家庭など7人に1人の子どもが貧困状態にある中で、年間646万トンの食品ロスが発生している現状を強調。また、国内のフードバンク団体が支援に必要な食品や事業費の確保、行政との連携、人材不足などの課題を抱えていると指摘した。

その上で、「子ども食堂に食品を提供するフードバンク活動などへの支援を促進すること」「国全体として食品ロス削減に関する目標設定をするなど、食品ロスの削減を推進すること」を要望した。

終了後、竹谷座長は、「署名に協力していただいた方々の思いを実現するためにも、党として引き続き食品ロス削減に向けた法整備などに全力で取り組む」と語った。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア