公明党トップ / ニュース / p227863

ニュース

2022年2月9日

小児向けワクチン開発の重要性訴え

党委員会に企業

公明党医療制度委員会(委員長=あきの公造参院議員)は8日、参院議員会館で、明治ホールディングス傘下のKMバイオロジクスが開発を進める国産の新型コロナウイルスワクチンを巡り、Meiji Seika ファルマの小林大吉郎社長、KMバイオ社の永里敏秋社長らと意見交換した。

小林社長らは、日本脳炎など国内で広く使用されている小児向けワクチンと同様に、感染力をなくしたウイルスを使う不活化ワクチンを開発していると説明し、安全性の高さを強調。小児が安心して使えるワクチンの重要性などを訴えた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア