公明党トップ / ニュース / p227590

ニュース

2022年2月7日

保健所の負担軽減を

所長から業務の実態聴く
大阪で石川、山本(香)氏ら

松岡所長(右側手前)から話を聴く石川(左から2人目)、山本(左端)の両氏ら=5日 大阪・豊中市

公明党の石川ひろたか(参院選予定候補=大阪選挙区)、山本香苗の両参院議員は5日、同府豊中市の保健所を訪れ、松岡太郎所長から急拡大する新型コロナウイルス感染症への対応について実情を聴いた。地元府・市議が同行した。

松岡所長は保健所の負担軽減や重症化への早期対応をめざす同市と市医師会との協定について言及。「感染者を診察した医療機関に、入院や自宅療養といった方針を判断してもらう体制を整えている」と説明した。また国の方針である患者全数を把握する業務の窮状や感染者情報を一元管理する国のシステム「HER―SYS(ハーシス)」の改善などを訴えた。

石川氏らは「保健所の業務負担を軽減できるようにしていきたい」と語った。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア