公明党トップ / ニュース / p226356

ニュース

2022年1月29日

最先端医療 研究推進へ

産学官連携の活動を視察
川崎市で三浦氏

センターの研究内容などについて聞く三浦氏(右から2人目)ら=28日 川崎市

公明党の三浦のぶひろ参院議員(参院選予定候補=神奈川選挙区)は28日、川崎市川崎区殿町地区にある「ナノ医療イノベーションセンター」(片岡一則センター長)を訪れ、最先端医療の研究現場を視察した。地元市議が同行した。

同センターでは、ウイルスサイズのナノマシンが人体内を巡回し、病気を24時間体制で診断・治療する「体内病院」の実現をめざし産学官が連携し活動している。片岡センター長は、その一環として「負担が少ないがん治療の確立などを進めている」と説明した。

三浦氏は「重要な取り組みだ。研究体制の整備を支援していく」と述べた。

また、一行は殿町地区の公益財団法人「実験動物中央研究所」を視察した。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア