公明党トップ / ニュース / p225421

ニュース

2022年1月22日

国産飲み薬 実用化急げ

識者、製薬会社と意見交換
コロナ治療で党委員会

国産の飲み薬を巡って識者や製薬会社と意見交換した党委員会=20日 参院議員会館

公明党医療制度委員会(委員長=あきの公造参院議員)は20日、参院議員会館で、長崎大学大学院の迎寛教授(呼吸器内科)や塩野義製薬の手代木功社長と新型コロナウイルス感染症の国産経口治療薬(飲み薬)を巡り意見交換した。石井啓一幹事長らが出席した。

迎教授は、一部の治療薬が変異株に効かなくなっているとして「絶えず新しい薬を開発する必要がある」と指摘。国内で使われている海外製の治療薬については「供給不安が顕在化している」と述べ、国産治療薬の重要性を訴えた。

手代木社長は、塩野義が進める飲み薬の臨床試験(治験)では「日本人に対する安全性・有効性を確認している」と強調。国内での一日も早い実用化に向けた支援を求めた。石井幹事長は、国産の飲み薬について「承認の手続きや契約を急ぐよう、改めて政府に申し入れを行いたい」と述べた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア